2011年01月31日

第7回 「成功する為の自己ブランディング」坂之上洋子氏

★第7回は日程が変更となります。→3月11日(金)となりました★


第7回マネパクのご案内です。

ゲストは、『犬も歩けば英語にあたる』の著者で、
2007年Newsweekの世界が認めた日本女性100人の一人に選出された
ブランド経営コンサルタント、坂之上洋子さんです。

■□■□ 第7回 Management Impact□■□■

■テーマ
「成功する為の自己ブランディング〜人生の分岐点とリスクティキング〜」

■日時
3月11日(金)18:00-20:00ディスカッションセミナー
       20:00-22:00懇親会


■ 場所
慶應義塾大学日吉キャンパス協生館4F 階段教室1
http://www.kcc.keio.ac.jp/access/index.html
※懇親会は1FのHUBを考えています。

■ゲスト
坂之上洋子氏
ブランド経営コンサルタント
http://blog.sakanoue.com/
Twitter # sakanoue

シカゴ、ニューヨーク、北京と15年以上の海外生活後、2007年東京へ
建築デザイナーとして米国でASIDエクセレント優秀賞など数々の
賞を取得後、突然IT業界へ転職。米国企業で副社長をへて起業。
3年後同社を売却。 現在は、ブランディングディレクターやコンセ
プターとして多方面にわたるプロジェクトに携わっている。2007年
『Newsweek』の世界が認めた日本女性100人の一人に選出される。
英語を織り交ぜたエッセイ、犬も歩けば英語にあたるを出版。
中国系アメリカ人で数学者の旦那と多国籍の娘と3人暮らし。

■出欠連絡
下記の出欠フォームにて参加表明をお願いいたします。
https://spreadsheets.google.com/viewform?formkey=dFZENVJWbzR6RjA4WEd6NW9leU52d2c6MA#gid=0

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

2010年08月30日

第5回「日本発・世界の課題に挑戦するNPO法人SOKET 〜志によるイノベーションのマネジメント〜」

■日時
8月30日(月)
 10:00-12:00ディスカッションセミナー
 12:00-13:00懇親会

■ 場所 
協生館4F 階段教室1

■ゲスト
金平直人氏略歴
2000年  慶応義塾大学卒業
2000-2005年 マッキンゼー&カンパニー入社
2005-2008年 MITスローンスクールMBA,MITメディアラボ
2006-2008年 ハーバードケネディスクール
2006-2008年 UNDP GSB (Growing Sustainable Business initiative)
マケドニア支部
世銀グループ国際金融公社本部
コソボICO/欧州連合特別代表部にて途上国ビジネス促進に携わる
2008-2010年 マッキンゼー&カンパニー
2010年    soket設立、9月より世界銀行

金平さんは、グローバル化により地球規模での経済圏の相互依存が進む中で、依然として内向き思考の強い日本企業の在り方を問題視し、「先進国のみを視野に入れるビジネスモデルは正しくないのではないか」という問題意識に対して具体的に活動する組織として(NPO法人)SOKETを立ち上げました。(NPO法人)SOKETでは、世界の課題解決への志を共有するプロフェッショナル達が、本業の所属先を超えて協業し、共にイノベーションを起こし、そこで得た学びを持ち帰って、それぞれの本業においても変化を起こすことを目的としています。

現在SOKETでは、バングラデシュの大手NGO等と共同で、太陽光発電と電気自動車を潅漑に応用する取り組みが行われています。電気自動車で使用されるリチウムイオン電池は、ハイスペック故に高価格であることがメーカーの悩みですが、その使用後の電池を出力性能への要求が低い用途での二次利用を最初からデザインすることで、価格を下げられる可能性があります。そこで、灌漑をはじめとするバングラディッシュ農村地帯の電力ニーズを満たすことと、電気自動車の低価格化を同時に達成するプロジェクトを提案されています。

このように、日本企業がビジネスモデルの本流で、発展途上国の抱える課題に取り組む仕組みをご自身で考案し、既に実現のために動き出している金平さんとのディスカッションは、今後KBS卒業生として皆様が企業経営に携わっていく中での自分軸を形成するためのよい機会になると思います。

また、当日は非金銭的な対価でメンバーをドライブしている SOKETの組織マネジメントについても皆さまとディスカッション したいと考えています。

2010年07月11日

第4回「リーダーシップの本質」加藤秀樹氏(構想日本代表・行政刷新会議事務局長)

7月のマネパクゲストは、事業仕分けの発案者で、
行政刷新会議事務局長を務める、構想日本代表・加藤秀樹氏です。

最近では霞が関から飛び出して活躍する元官僚も多くなっていますが、
加藤さんはまさにその先駆者で、エリート官僚を辞めるなど
考えられないとされていた10年以上前に財務省を辞めて
非営利のシンクタンクを立ち上げたソーシャルアントレプレナーでもあります。

当日は、社会のリーダーとしてのインパクトをマネジメントするという
マネパクの趣旨そのもののお話を中心に、
事業仕分けの舞台裏なども話して頂こうと考えています。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

今回は都内で開催になります!マネパク課外授業です。ご留意ください。

■□■□ 第4回 Management Impact□■□■

■テーマ
「リーダーシップの本質」「高等教育をどう活かすか」
「政治に関する報道をどう読み解くか(事業仕分けの舞台裏)」など

■日時
7月20日(火)17:00-19:00ディスカッションセミナー
       19:00-21:00懇親会

■ 場所
東京財団オフィス
虎ノ門駅3番出口より徒歩5分
溜池山王駅9番出口より徒歩5分

■ゲスト
加藤秀樹氏
1973年、旧大蔵省入省。証券局、主税局、国際金融局、財政金融研究所などを経て、96年9月退職し、97年4月、政策を「民」の立場から立案・実現するため、非営利独立のシンクタンク構想日本を設立。省庁設置法改正をかわきりに、道路公団民営化、国、自治体の事業見直し、教育行政改革など、縦横無尽の射程から日本の変革をめざす。
2006年4月より東京財団会長兼理事長、
2009年10月より内閣府行政刷新会議議員兼事務局長を兼務。

■ご参考
事業仕分けの仕掛け人、現場の風を官に吹かせた加藤秀樹・行政刷新会議事務局長
行政刷新会議・事務局長 加藤秀樹氏の「事業仕分け」とは
一般会計の埋蔵金 12兆円を景気対策に
構想日本の政治的中立性について

■出欠連絡
こちらの出欠フォームにて参加表明をお願いいたします。

2010年06月13日

第3回「国内MBAは日本を救えるか?」×奥村昭博教授のご案内

6月のマネパクのご案内です。6月24日(木)に開催いたします。

ゲストは、奥村昭博先生です(プロフィール詳細は下記)。奥村先生は、KBS設立から2008年3月まで教鞭を執っておられました。(学内の方は、今年の慶應経営論集が奥村先生記念号だったのでご存じの方も多いかと存じます。)

2003年の改正学校教育法設置以降、国内の専門職大学院の数は急増した一方で、MBAホルダーや、国内MBA教育そのもののバリューを問う声もチラホラある昨今。

KBSの設立と発展に多大な貢献をされた奥村先生から、
 ・なんのために経営学を学ぶのか
 ・国内ビジネススクールの機能とはどのようなものか 
などのお話を伺います。

今回は若干、ビジネススクールの内輪的テーマ設定になってしまいましたが、SDM、KMDの方や外部の方でも、ご関心をお持ち頂けるならば是非ご参加ください。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

■□■□ 第3回 Management Impact□■□■

■テーマ
「国内MBAは日本を救えるか?」

■日時
6月24日(木)18:00-20:00ディスカッションセミナー
       20:00-22:00懇親会

■ 場所
慶應義塾大学日吉キャンパス協生館4F 階段教室1
※懇親会は1FのHUBを考えています。

■ゲスト
奥村昭博氏
プロフィールその@ そのA
静岡県立大学 経営情報学部経営情報学科 教授
       経営情報学研究科 教授(兼務)
       経営情報学研究科長
慶應義塾大学大学院経営管理研究科 名誉教授

・プロフィール
1945年 岐阜県に生まれる
1969年 慶應義塾大学商学部卒業
1975年 ノースウェスタン大学経営大学院(Kellogg)にてMBA取得
1976年 慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程終了
2008年まで 慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授

・タイトル
日本ベンチャー学会副会長
日本組織学会理事
米国ケロッグ経営大学院評議会
金融庁試験委員
仏国INSEAD経営大学院訪問研究員
日本福祉大学マネジメントスクール校長
東大・北大・横浜国大・産能大などで非常勤講師を歴任
その他多数企業の顧問

■ご参考
ニーズが高まる国内MBA
ビジネススクール推定志願者数、専門職大学院数の推移など

■出欠連絡
こちらの出欠フォームにて参加表明をお願いいたします。


■KBS担当者、問合せ先
国保(D15)、下城、平田(M32)
info-mgntimpact@googlegroups.com

2010年04月26日

「多様なリターン設計が拡げる金融市場〜日本初マイクロファイナンスファンドの挑戦」

夏の足音が聞こえたかと思えば、冬の風に掻き消される今日この頃。
早く思う存分日差しを浴びたいものですね。

さて、前回は徐勝徹氏をお迎えして、ソーシャルセクターにお金が流れ、
"The power of humanity"がもっと活かされる仕組みについて考えました。
そこでは、先見の明や審美眼を持って、社会的インパクトを生む投資に
成功した投資家が、その成果に応じたrewardを受け取れるようになるには
ソーシャルインパクトの評価指標をどのようにして作るべきか?
どうすれば投資家を惹きつけ、出資させることができるか?
というような議論がありました。

次回のゲストは、慎 泰俊(しん てじゅん)氏です。(プロフィール詳細は下記)
慎さんは昨年9月に日本初のマイクロファイナンスファンドを企画し、
既に約4000万円を個人投資家から調達しました。
そこで、日本でも少しずつソーシャルセクターへお金が流れ始めていることを背景に、
投資家や出資者のインセンティブが多様化してきていることや、
投資家を惹きつける経済的/非経済的リターンをどうデザインすればいいのか、
といったことを中心に議論できればと考えています。

将来ソーシャルセクターに関わる方だけでなく
普通のプライベートセクターでビジネスをする方にとっても、
価値観が多様化した投資家とどう付き合っていくかという視点から
興味深いものになるのではないかと思います。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

■□■□ 第2回 Management Impact□■□■

■テーマ
「多様なリターン設計が拡げる金融市場
〜日本初マイクロファイナンスファンドの挑戦」

■日時
5月27日(木)19:00-21:00ディスカッションセミナー
       21:00-22:30懇親会

■ 場所
慶應義塾大学日吉キャンパス協生館4F 階段教室1
※懇親会は1FのHUBを考えています。

■ゲスト
特定非営利活動法人 Living in Peace 理事長 慎 泰俊氏(しん てじゅん)
http://www.living-in-peace.org

プロフィール
1981年東京生まれ。朝鮮大学校政治経済学部法律学科卒、
早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。現在は投資ファンド勤務。
2007年10年にLIPを設立し、機会の平等を通じた貧困削減をテーマに活動中。
海外ではマイクロファイナンスの調査・支援を行い、日本初のマイクロ
ファイナンスファンドを企画した。国内では社会人の強みを活かした
児童養護施設支援に取り組んでいる。
著書「15歳からのファイナンス理論入門」は、台湾、韓国、中国で翻訳される。

■参考情報
より活発な議論のため、以下の参考URLを事前にお目通し頂いた上で
ご参加ください。

日本初マイクロファイナンスファンドの概要、実績
セキュリテ(事業者と個人投資家とをつなぐファンドを多数デザイン)
国連フォーラム:最高のコストパフォーマンスを達成するMFIの調査システムを
Living in Peaceの活動報告ブログ
慎さん個人ブログ

■出欠連絡
下記の出欠フォームにて参加表明をお願いいたします。
出欠フォーム

■KBS担当者、問合せ先
mail toinfo-mgntimpact(アットマーク)googlegroups.com

(文責:平田)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。